香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

まんのう町の現場 耐震等級3の工事

まんのう町の現場では外部の防水工事と断熱気密工事が順調にすすんでいます。 弊社のお家は、全棟「耐震等級3」で計算されて建てられています。 耐震…

省エネ等級4?次世代?HEAT20?ゼッチ(ZEH)?・・・それぞれのUA値?あたたかさは?

広告や宣伝には”高性能”・”高断熱高気密”等の文字が踊ります。 長期優良住宅やゼッチ(ZEH)仕様、HEAT20G1仕様等、どうれもよさそうに見えますよね。 いった…

「香川の家」掲載!田中工務店は「極力、木を濡らしません!」その2 なぜ濡らさない?

その1で「全棟、土台を敷いた後も。棟上が終わった後も極力濡らさないようていねいに養生します」 じつは、私たちがしているのは技術的に性能を担保するため…

<便利情報>Q値とUa値の簡単換算方法! 近畿大学岩前教授より

早いもので年の瀬も近づいてきました。 お家の性能の便利話です。 H25基準になって消滅したはずのQ値。 まだまだ、いろんなところで見かけますよね。 …

「香川の家」掲載!田中工務店は「極力、木を濡らしません!」

あっという間に年末が近づいてきました。 少し前の話ですが、「香川の家」2019冬秋号が発売されました。 がいな家田中工務店のページ   特…

「パッシブ」という言葉をよく目にしますが「パッシブハウス」とは その4

「90秒でわかるパッシブハウス」ご覧になりましたか? (見ていない方はその3をぜひ) この中に「パッシブデザイン」=日射の取得と遮蔽、キチンとで…

「パッシブ」という言葉をよく目にしますが「パッシブハウス」とは その3

その2のつづきです。 では、パッシブハウスとはなにか? 1991年にドイツの物理学者ファイスト博士が確立した超高性能な省エネ基準と評価の方法です。 現…

「パッシブ」という言葉をよく目にしますが「パッシブハウス」とは その2

その1のつづき 日本で「パッシブ」と言われているのは、正確には「太陽エネルギーのパッシブ利用」(passive use of solor energy)のことが多いです。 「パ…

「パッシブ」という言葉をよく目にしますが「パッシブハウス」とは その1

無事、エリアリーダーアーキテクト工房pure高岡さんの推薦状を頂き、後は正式なパッシブハウスジャパンの賛助会員になるのは、会員証が届くのを待つだけとなりま…

パッシブハウスジャパン入会:エリアリーダーさんへ面談に行きました

私ども田中工務店は新たなステージへステップアップするため「パッシブハウス・ジャパン」の賛助会員となることに決めました! 昨年社員全員で省エネ建築診断…

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  

アーカイブ

カテゴリー

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

facebook