香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

「香川の家」掲載!田中工務店は「極力、木を濡らしません!」その3 初期型結露、蒸し返し現象とは?

「香川の家」掲載!田中工務店は「極力、木を濡らしません!」その3 初期型結露、蒸し返し現象とは?その1で「全棟、土台を敷いた後も。棟上が終わった後も極力濡らさないようていねいに養生します」

その2で理由は、「夏型結露を防ぐ、これにつきますということを書きました。

↓夏型結露の事例:防湿シートに結露が起こっているのがわかりますか?

出典:住まい環境プランニングさんホームページ

前提としては、昔の土壁と障子の家ではなく、現在一般的に建てられている「気密化された建物」です。

高気密を謳っていなくても、アルミサッシや構造用面材、袋入りグラスウールを使用するだけで、C値=5cm2程度の建物はできてしまいます。

こういう建物では、建築中も含め、湿気を建物躯体内に停滞させないことが重要になっています。

この資料はH30/6/1東洋大学土屋教授の「最近の結露をめぐる諸問題」のセミナー資料を使わせていただいています。

冬型結露は主に北面で起こります。

それに対して夏型結露は主に南面で起こります。

 

南面=よく日が当たる

 ↓

木や合板が吸っていた湿気が蒸し返す

 ↓ 

壁体内の湿度アップ

 ↓

結露発生

 ↓

木材が吸湿・・・・

という負のスパイラルに入ってしまいます。

 

その湿気がどこからきたかですが、以前は外気からというの定説でしたが、今では雨漏りや建築中に吸湿した湿気が原因というのが定説になっています。

なので、現代の気密化された建物では、建物を濡らさないことがとても重要になっています。

また、100%はないので、排出できる構造にしておくことも大事です。

結露は「百害あって一利なし」ですから。

tanaka

関連記事

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

Facebook(善勝哲也)

facebook