香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

1/13(sun)見学会の高性能な建物紹介Ua=0.4 トリプルガラス樹脂サッシ(APW430)

1/13(sun)見学会の高性能な建物紹介Ua=0.4 トリプルガラス樹脂サッシ(APW430)一年で一番寒い厳寒期に、高性能なお家をご体感ください。

2019年1月13日にトリプルガラス樹脂サッシと付加断熱を採用した建物を気軽に見学、体感いただけます。

香川の家のイベントページ

この建物に使用しているサッシは、YKK-AP社製のAPW430というトリプルガラス樹脂サッシです。

もちろんガラスが3枚なので、ペアより熱が逃げません。

カタログ値では↑のAPW330(樹脂ペア)に対して、逃げる熱が約45%減っていますね!

住んでいる人だけではなくて、現場の職人も「トリプルガラスの現場はぜんぜん違う」と言っています(笑)

 

↓この表は、香川で一番寒いとき(0℃)で室温20℃の場合にサッシが何度になっているかを比較したものです。

出典:新建ハウジングプラス1 2013/2 松尾和也のエコハウス設計作法「窓に始まり窓に終わる」

樹脂ペア(APW330):12℃前後

樹脂アルミ複合ペア(エピソード):5℃前後

アルミペア(デュオPG):3℃前後

日本製の樹脂アルミやアルミのペアガラスですと、室温が20℃あっても5℃をきるわけですから、窓の近くだとひんやりするのは当たり前ですね。

理想的と言われる20℃で湿度50%だと9℃を切ると結露するので、アルミや樹脂アルミだと毎日雑巾掃除が必要になるわけです。

 

樹脂ペアだと12℃を保てるので、結露してびしょびしょになるということはあまりなさそうです。

それでも12℃なので。結構ひんやりします。

 

APW430等のトリプルガラス樹脂サッシだと、実測した経験からすると厳寒期に北側のサッシで約17℃~18℃くらいは確保できます。

南側や暖房が近いところだともっと高い温度になります。

ひんやり感は劇的になくなります。

 

もちろんペアより高価ですが、そんなに高くないのでとても満足度の高いと思います。

(採用して失敗だったと言われて方は、弊社ではいままでいません)

また、光熱費が下がるという効果もあります。

 

ぜひ、1/13はご来場いただいてご自分で体感してみてください。

その上でどういう種類のサッシを採用するかご検討頂ければ幸いに思います。

tanaka

関連記事

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

Facebook(善勝哲也)

facebook