香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

7/14(日)高松市室新町完成見学会お家紹介 *燃費計算*

7/14(日)高松市室新町完成見学会お家紹介 *燃費計算*2週連続の「がいな家」見学会です。

普段は予約制なのですが、暑い時期に性能の高い建物を体感して頂きやすいように予約無しでご見学できます。

現場は最終段階、なんとか間に合いそうです。

今回の「建もの燃費ナビ」の計算結果です。

Ua値=0.36W/㎡Kと省エネ等級4のUa=0.87、HEAT20のG2のUa=0.46を大きく上回っている申し分のない外皮性能です。

充填断熱:高性能グラスウール16K 105mm

付加断熱:EPS 50mm

基礎断熱:XPS 100mm

桁上断熱:高性能グラスウール16K 210mm

玄関ドア:スウェーデンドア Ud=0.7

サッシ:トリプルガラス樹脂サッシ トリプルシャノンⅡ Uw=1.26(全窓の平均)

というスペックです。

実はUa値はあたたかさや涼しさを表わすには、参考程度であまり高い数値だからと言って、あたたかいお家とは限りません。

南面に大きな窓をとって日射を取得するパッシブデザインを取り入れた建物は窓が小さい建物よりUa値は悪いですが、実際は窓が大きな建物の方があたたかいです。

Ua値とは平均値なので、窓の方が壁より性能が悪いためそういう現象が起こってしまいます。

 

建もの燃費ナビは、「暖房負荷」「冷房負荷」で判定します。

冷暖房、それぞれ快適な温度にするために必要な「負荷」=力です。

負荷が小さいと、あたたかい家、涼しい家ということになります。

 

この建物は、冷暖房負荷ともに26Kwh/㎡a程度ととても良好な数値です。

目安は冷暖房負荷が40KWh/㎡aを切ると、計算上は6~8畳用エアコン2台で全館冷暖房できるという感じです。

それをらくらくクリアしていますので、とても温度ムラが少ない良好な空間になりそうです。

完成見学会のページ

tanaka

関連記事

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

Facebook(善勝哲也)

facebook