香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

まんのう町の現場 断熱気密工事 裸のグラスウールと防湿シート

まんのう町の現場 断熱気密工事 裸のグラスウールと防湿シートまんのう町の現場では順調に工事が進んでいます。

大工さんが丁寧に断熱材を入れてくれています。

断熱材の種類は熱伝導率λ=0.038の高性能グラスウール16Kです。

マグイゾベール社のイゾベールコンフォートを使用しています。

断熱材にはいろいろ種類がありますが、石油系の断熱材(ウレタン、フェノールフォーム、ポリスチレンフォーム等)に比べ、地球環境にやさしい繊維系の断熱材を採用しています。

グラスウールはガラスのリサイクル材ですし、解体した際もリサイクルできるのでゴミになりません。

通常日本ではグラスウールやロックウールでは袋入りが使われます。

袋入りグラスウールは、キチンと施工するのが大変困難なため、袋に入っていない「裸の」グラスウールを使用します。

これを柱の間に充填して、その上でフィルムを貼って防湿し、壁体内結露を防止します。

丁寧な作業に感謝です。

tanaka

PS 構造現場の見学も可能ですので、ご希望があれば連絡をお願いいたします。

 

関連記事

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年4月
« 2月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

Facebook(善勝哲也)

facebook