香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

1/13(sun)見学会の高性能な建物紹介 付加断熱!

1/13(sun)見学会の高性能な建物紹介 付加断熱!1年で一番寒い時期に、高性能な建物を体感してください!

今回ご覧いただきますがいな家のモデル棟は、2.2kwの6畳エアコン1台で暖房しています。

トリプルガラス樹脂サッシ=APW430の採用もありますが、暖かさの理由のもうひとつは「付加断熱」の採用です。

付加断熱とは、ダブル断熱とか言われたりもしますが、元々断熱材をいれている柱の間=充填断熱に「付加」して断熱する!ということです。

よって、今までより1.5倍とか2倍以上の断熱の厚みを確保することができます

↑付加断熱イメージ

断熱材が分厚くなると、それに比例して熱は逃げづらくなります。

このサンプル↑は、充填断熱をグラスウールで施工したうえに、EPS50mmを付加断熱しているものです。

いろんな方式があり一長一短あるのですが、私どもは東邦レオのエコサームを標準的に使用しています。

一番のメリットは断熱と塗り壁がとても安くできるので、コスパがとてもよい!ということです。

 

1/13はぜひ体感しにきてくださいね!

イベント情報はこちらより

tanaka

 

関連記事

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

Facebook(善勝哲也)

facebook