香川県高松市で、自然素材・無垢材を使った「がいな家」を建てる地域密着の工務店です。

パッシブハウス・ジャパン9周年記念大会、エコハウスアワード2019 その2

パッシブハウス・ジャパン9周年記念大会、エコハウスアワード2019 その2パッシブハウス・ジャパン9周年記念大会 その2

9周年記念大会で最終審査が行われるエコハウスアワード2019のパッシブハウスジャパン・推奨ゾーンに弊社は初エントリーしました。

今年はHEAT20 G1クラス程度でも参加できる地域のトップランナー基準ゾーンがなくなり、「パッシブハウスゾーン」と「パッシブハウス・ジャパン推奨ゾーン」だけになり、門戸が狭くなりました。

エントリーしたものの、推奨ゾーンはナカナカ厳しくハードルなので、気が抜けません。

建もの省エネ×健康マップのグリーンのゾーンに入っていないとだめなのです。

※→が田中工務店

年間暖房負荷=人間にやさしい

一次エネルギー=地球にやさしい

この2点を高い次元でバランスさせることが必要になります。

具体的に言うと香川では

・付加断熱の採用

・トリプルガラス樹脂サッシ

・パッシブデザイン

・高効率の給湯器

が揃わないと、クリアすることができません。

↑9周年記念大会でのプレゼンの様子

その中で、見事一次審査をクリアし、記念大会での最終審査に残ることができました。

エントリーをあきらめた方がいらっしゃったり、一次審査に落ちた事例もあったとのことです。今回はそれだけ厳しい基準なんです。

全国の猛者たちのパネルが並んでいるのに、弊社の作品があることに感慨深く思いました。

パッシブハウスジャパンのみなさんの作品にまだまだ・・・・と刺激を受けると同時に、両ゾーンともに建築家や工務店代表の自邸や設計事務所物件が多い中、弊社はいつも建てているお客様の建物をエントリーできたことに、普段の家づくりへの誇りとやってきたことが間違いじゃなかったんだと確信しました。

これも、弊社を選んでくださったお施主様皆さまのおかげです。

tanaka

関連記事

プロフィール

田中浩一

香川県高松市で木造住宅をつくり続けて60年。田中工務店は創業当時から、いい家を作りたい!本物の家を建てたい!と、今も『がいな家』をこつこつ作りつづける小さな工務店です。世の中の家づくのは、時代と共に変化していますが、私は一貫して耐震等級3・無垢の木・自然素材・省エネ等級にこだわる『がいな家』を建てています。

投稿者別

twitter

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

アーカイブ

カテゴリー

おすすめ記事

登録されている記事はございません。

Facebook(田中 浩一)

Facebook(結城 研太)

Facebook(善勝哲也)

facebook